two piece.


セットアップはヴィンテージでもなかなか手に入りにくいアイテムの中の一つ。


どうしても上下の片方しか見つからないことが多いです。


そして上と下でサイズを合わせなければいけないので


シンデレラサイズに出会える確率もまた低くなります。


上はサイズぴったりでも、下が合わなかったり、その逆も然り。


ただそんな中でピッタリのセットアップに出会ってしまったら


その喜びはもう隠せずにはいられません。


今回はそんな出会えることが難しいセットアップを2点ご紹介です。





まずはサンローランが自身のブランドを立ち上げて間もない頃の


大変珍しい1960年代後半から70年代初期の逸品。



~1960-70s Yves Saint Laurent rive gauche~


とてもシンプルでミニマムなデザイン。


歴史を刻んでいるからこそ、この一着から放たれるオーラは凄みを感じます。


ロングブーツに、レザーの手袋を合わせ品よく着こなしたいですね。



このエレガントな襟のフォルムはまさに当時ならでは。


70年代前後のファッションがお好きな方にはたまりません。


ジャケットとスカートの着丈バランスも抜群にお洒落。


お写真からも伝わるように、肉厚のウール地も質感が素晴らしいです。




そしてお次は80s CHANEL.


一見、一枚のワンピースに見えますが


こちらはツーピースでデザインされています。


上は斜めにカッティングされ、デコルテラインを美しく演出。


ボタン使いがなんともシャネルらしいですね。



~1980s CHANEL Black Dress~


スカートの中央は深めにスリットが入っています。


歩くたびに軽やかな動きがでるシルク生地。


こちらは上下どちらかが欠けていては成立しない逸品です。


生地が繊細なのにミントコンディションでございました。

シャネルが愛するカラーといえば"ブラック"


喪服のイメージを覆し、固定概念にとらわれない彼女がいたからこそ


"ブラック"が今となっては定番カラーになったと言っても過言ではありません。


シャネルがこだわったブラックはいつ見ても圧巻です。




The Vintage Dress.