Hermes Kelly Bag.


本日はエルメスで有名なケリーバッグのお話を。

今ではエルメスのバッグは世界中から愛されていますが

最初は馬具を扱うブランドでした。創業は1837年にまで遡ります。

当時の移動はもちろん馬車。そこから自動車になっていくときに、先見の明があったエルメスは幅広い事業を展開していきます。

エルメスが初めてバッグを制作したのが1892年誕生の"サック・オータクロア"

鞍を入れるためのもので、そこから婦人用に改良したのが1936年に誕生した"サック・ア・クロア"です。

こちらが後に"ケリーバッグ"として名を馳せるようになりました。

ではなぜ"ケリー"と呼ばれるようになったのか。

グレース・ケリーがお好きな方は既にご存知かと思いますが

当時ケリーはこのバッグを愛用しており、妊娠中に報道陣から写真を撮られる際

このバッグでお腹を隠したことから世界中に注目され、女性たちの間で憧れのバッグとなりました。

そしてエルメスはモナコ王室に許可を得て、"サック・ア・クロア"から"ケリー"と名付けました。

オードリー・ヘップバーンも愛用していたことで知られています。

フォーマルなシーンにもピッタリですね。

~エルメス初のバッグ:サック・オータクロア~

当店でも一点だけ、外縫いのケリーがございました。

使いやすいブラックで、ストラップ、鍵、クロシェットと全て揃っており、素晴らしいコンディションでした。

ケリーには外縫いと内縫いがございます。

外縫いの方が表にステッチがきいていて、内縫いよりもシャープな印象です。

この佇まいだけで非常に美しく、品がありますね。

エルメスはレザーに非常に強いこだわりを持っており、職人技が光る逸品。

お探しの方も多いので、また引き続き探して参りたいと思います。

The Vintage Dress.